家族葬へという流れ

葬儀は人生最後をしめくくる大事な儀式です。
きっちりとやりたいという人がいる半面、最近は家族葬で簡単に済ますという人も増えています。
人生80年時代の今、仕事を引退してからの余生もかなり長期化しています。
たとえば60歳で定年になれば、20年間の余生があるわけです。
そうなると会社との付き合いも無くなるため、敢えて大きな葬儀をする必要もなくなるので、家族葬で十分だと考える人が増えるのもよくわかります。
家族葬でも香典返しは必要になりますが、最近はカタログギフトにする方が増えています。贈り手が設定した一定の金額から香典返しを選んでもらえるので非常に重宝します。

男性用財布の実用性

機能性とデザイン性を兼ね備えた男性用財布は、一時の流行りに左右されず、長い間使い続けることができるものに人気があります。
ファスナーの滑りがよく、内側のカード入れやポケットの数が多いものは実用的で、外側にもポケットが付いている場合は、レシートや鍵を入れる場所として利用できます。
大きく開くものは、お札や小銭がよく見えるので支払いで手間取ることがありません。
カラーはブラックやブラウンが定番ですが、少し明るめのキャメルも人気があります。
普段はスーツやジーンズのポケットからも取り出しやすい、スマートなものが使いやすいですが、大きめの長財布は、通帳やパスポートなども入れることができるので、貴重品を持ち歩く時におすすめです。