遠赤外線が良い汗を作る 

最近はスポーツクラブやスーパー銭湯に設置されている岩盤浴。
この岩盤浴は、健康的な『良い汗』をかくのにとても適しています。
その理由は、遠赤外線によるゆっくりとした保温効果。
高温によって皮膚が急激に温まることで汗をかくサウナと違い、岩盤浴は約40℃という低い温度でじっくりと体の芯から温めてくれます。
この『緩やかさ』によって、皮膚表面の温度感知で脳に「汗をかけ」という指令を促し、必要なミネラル分まで損なってしまうことの無いじんわりとした良い汗を生むのです。
汗腺機能の本来の役割を十分に引き出すことで、新陳代謝の基礎部分から働きかけることが出来るわけですね。
岩盤浴がダイエットに良いという話はよくありますが、大量に汗をかくから良いという意味ではありません。
『良い汗』をかくことで新陳代謝の働きをUPさせ、脂肪燃焼をしやすい身体を作るという意味なのだということを知っておいて下さい。